葉酸サプリ 安全

安全な葉酸サプリの選び方

安全な葉酸サプリの選び方

赤ちゃんを運ぶコウノトリ

 

妊婦さんにとって体に害の無いもの、おなかの赤ちゃんにも害を及ぼさないものといった安全で安心のサプリの選び方をご紹介します。最初はどんな葉酸サプリを選んでよいかわからないと思いますが、葉酸サプリを何の知識もなく価格だけで選んでしまうのはあまりおすすめしません。薬局に行ってみたり、ネット通販で葉酸サプリの価格帯を見てみると、1千円以下のものから、1万円以上するものまでありますが、安い物というのは必ず安い理由があります。サプリ業界では良く知られた話ですが、安いサプリというのは、その半分以上が合成化学物や添加物でできたものだといわれています。

 

安全な葉酸サプリってどうやって選べば良いの?

葉酸サプリには約1ヶ月分で1,000円以内で買えるものからその何倍もの値段の商品まで様々な商品が販売されています。今まで日本ではプレママさんにとって葉酸を重要視する声があまり大きくはありませんでしたが、この数年でその声は一気に多くなってきています。

種類が多すぎてどれを選んだら良いか分からない

世間の認知度の向上に伴い、葉酸サプリを購入する女性も多くなっていますが、どのように選んだらよいかわからないという声も多く聞こえてきます。また、本当に安全性の高い葉酸サプリを見分ける目も必要になっています。そんな女性の皆さんに、おすすめの安全な葉酸サプリを厳選し商品毎の特徴をまとめてみました。

お腹の赤ちゃんにもお母さんにも安全で優しいものを

ここでおすすめしているサプリは、つわりで口に物が入れにくくなったり、においに敏感になり、少しでも嫌なニオイが気になるようになるといった体調の変化の激しい妊婦さんでも、経済的にも健康的にも続けやすい安全サプリのみを厳選しております。ご自分に合ったサプリを選ぶ際のご参考になればと思います。

 

当サイトオススメの安全な葉酸サプリ

AFC葉酸サプリ

妊娠中に必要な葉酸と栄養素をバランス良く摂取したい方におすすめ♪

 

AFC葉酸サプリ

AFC葉酸サプリに配合されているのは、吸収効率の良い「モノグルタミン酸型」葉酸400μg。そのほか、カルシウムや鉄分、8種類のビタミン、4種類のミネラルと厚生労働省から発表されている「日本人の食事摂取基準(2015年度版)」に対応したバランスの良い安全な葉酸サプリです。体調の変化が著しく、つわりでバランスの良い食事が難しくなってしまう妊婦さんにはとてもオススメです。また、製造は日本国内で製造されており、放射性セシウムスクリーニング検査も実施されており、安全基準が高く安心の葉酸サプリです。価格的にも購入しやすく非常に人気の高い安全な葉酸サプリです。

 

公式サイト

価格 ¥1,800+税
容量 120粒:30日分(1日4粒目安)
その他 新規購入者限定で送料無料

Lara Republic(ララ リパブリック)

必要な葉酸量を効率的に摂取したい方におすすめ♪

 

ララリパブリック

ララリパブリックは厚生労働省が推奨する「モノグルタミン酸型」の葉酸400μgが配合された葉酸サプリ。モノグルタミン酸型は葉酸を効率的に体に吸収できる合成葉酸。一般的にサプリを飲みやすくするために使用される香料や着色料等の余分な添加物は入っておらず、葉酸サプリに良くある独特なニオイは植物由来の成分でコーティングされており、嫌なニオイもしっかりカット。プレママさんや胎児の健康にも安心、安全です。また、サプリ大国のアメリカ、フランスでもランキング1位を獲得している人気の葉酸サプリです。

 

公式サイト

価格

¥3,685+税(通常購入)
¥2,759+税(定期購入)※1回きりでもOK

容量 120粒:30日分(1日4粒目安)
その他 送料無料

オーガニックレーベルの葉酸

完全無添加で安全なサプリをお探しの方におすすめ♪

 

オーガニックレーベルの葉酸

天然原料が100%で完全無添加処方で作られている安全制の高い葉酸サプリ。とにかく妊娠中は赤ちゃんの為にも無駄な添加物は体に入れたくない!という安全志向の方にはとってもおすすめ!天然原料100%、完全無添加というだけあって袋を開けた瞬間のニオイはまるで抹茶粉末や青汁のようなさわやかなニオイです。また、サプリのサイズも8mmと非常に小さくつわりに悩む妊婦さんでも飲むことができるサイズです。ニオイに敏感になっている妊婦さんでも安心して続けられる当サイトオススメNo.1の葉酸サプリです。

 

公式サイト

価格

初回購入は無料(送料¥500のみ)
2回目以降¥3,960(税込)

容量 60粒:30日分(1日2粒目安)
その他 6か月間の継続条件あり

ベルタ葉酸

葉酸だけでなく美容にも気を使いたい妊婦さんにおすすめ♪

 

ベルタ葉酸

ベルタ葉酸が他の葉酸サプリと異なるのは、100%の酵母葉酸ということ。酵母葉酸は通常の葉酸サプリに配合されている合成葉酸よりも体内での吸収効率が高いということ。酵母葉酸は体内での滞在時間が長く、効率よく葉酸が摂取できるといわれています。また、葉酸のほかにもカルシウムや鉄分、ビタミン、ミネラル、美容成分(ツバメの巣、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン等)が配合されているため、美容にうるさい妊婦さんにもおすすめのサプリです。生産国は日本国内となっており、放射線・残留農薬検査も実施しているため品質も安全で安心して使用していただけるサプリです。

 

公式サイト

価格

¥5,980(税込)(単品購入)
¥3,980(税込)(定期購入)

容量 120粒:30日分(1日4粒目安)
その他 定期購入は6回以上の継続条件あり

イソラコン葉酸プラス

これからママになりたい女性におすすめの葉酸サプリ♪

 

イソラコン葉酸プラス

イソフラボンと葉酸が配合された妊活中の女性を応援するサプリで、全国200以上のクリニックで使用されているという実績と信頼があります。不妊治療は設備やレベルの高い医療スタッフを擁する病院がオススメですが、医療費はとても高額になってしまいます。また、漢方や葉酸サプリなどのご自身での対応は効果にも限度があり結果を出すことが難しいのが現実です。イソラコン葉酸プラスはまずは、不妊治療でも求められる妊娠できる体のベースづくりをサポートしてくれ着床をサポートする働きが期待できるサプリです。これから妊娠したい女性には早めの体作りをサポートするイソラコンプラスがオススメです。

 

公式サイト

価格 ¥3,650(税込)
容量 60粒:30日分(1日2粒目安)
その他 定期購入で6か月以上の継続条件あり

ミネラル葉酸グリーンスムージー

食べ物では補えない栄養と葉酸を摂取したい方におすすめ♪

 

ミネラル葉酸グリーンスムージー

グリーンスムージーの商品としては異例の大ヒットを飛ばした、「ナチュラルヘルシースタンダード」の葉酸スムージー。妊婦さんにはうれしい葉酸が配合されたグリーンスムージーで他にも鉄分、カルシウムも配合されています。原材料から最終加工国まで日本製にこだわって厳選されていて、口にするものに気を使う妊婦さんにも安心安全のスムージーです。特に妊婦さんにとっては固形物を口にすることが難しいつわりの時期には飲みのもで栄養補助ができるのはうれしいですよね。十分に栄養が摂れていないと感じたらスムージーでの栄養補助がオススメです。

 

公式サイト

価格

¥2,760+税(単品購入)
¥1,601+税(定期購入)

容量 200g:30日分(1日6g目安)
その他

定期購入で3回以上の継続条件あり
※単品も定期購入も送料無料

 

妊婦さんが葉酸を摂取するように言わはじめたのはなぜ?

今ではすっかり妊婦さんに葉酸が必要だということが周知な事実であり、また母子手帳にもその必要性が記載されているのですが、そもそもなぜ葉酸を摂取するように言われ始めたのでしょうか。それはアメリカでの研究の結果、葉酸不足により赤ちゃんが障害を持って生まれてくる可能性が高いということが分かったことが始まりのようです。

 

葉酸は胎児の発達、とくに脳や神経を作るのにとても重要な役割を果たしていたり、母体にとっても貧血を予防する働きがあるのですが、それが不足すると神経管欠乏症などの赤ちゃんの奇形や障害につながる可能性もあります。日本では昔は菜食が多く、それほど問題ではなかったようですが現在は近年の食の欧米化により栄養バランスが悪くなり、野菜を摂取する量が減りそれが葉酸不足となっている可能性が高いということです。
また女性の社会進出により多忙から十分な食事ができておらず、慢性的な栄養、葉酸不足になっていることもあげられます。そのため、アメリカでの研究結果を踏まえて日本でも妊婦さんの葉酸の摂取がとても大事であり必要とされています。食事からのみでは摂取にも限界があるので、安全なサプリなどから摂ることも大切です。

妊婦さんにおける葉酸の効果

ハートをだっこする赤ちゃん

妊婦さんは、特に妊娠初期に葉酸を摂取することが重要視されています。胎児は、7週目までに脳や脊髄などの中枢神経の基礎である神経管が形成されます。11週までには、頭や胴体、足などもできてきます。この細胞分裂が活発な妊娠初期に葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減する効果を得ることができます。

 

葉酸には、DNAとRNAで構成されている核酸を作る働きがありますが、DNAが正しく複製、分裂しさいぼうが増えていく過程で必要になるたんぱく質の生成にも必要な成分となります。そのため、神経管が形成される7週目までに葉酸が不足してしまうと先天異常の一つである神経管閉鎖障害のリスクが高まります。他にも、流産や死産のリスク軽減にもつながります。二分脊椎が背中から上に現れた場合、脳に欠損や収縮がみられる無脳症となり流産や死産のリスクが高まります。葉酸の効果は、胎児だけでなく母体となる妊婦さんにもあります。代表的なものとして、貧血の予防、免疫機能や消化管機能の健康、高血圧や心疾患のリスク低減などがあります。また、細胞分裂を活発にする働きもあるため、着床しやすい環境づくりにも効果が期待できます。

 

葉酸が不足するとどうなるの?

「葉酸」という言葉をはじめて聞いたという方も少なくないのではないでしょうか。葉酸とはほうれん草などの緑黄色野菜や豆類、レバーなどに多く含まれる栄養素で、ビタミンB群に属します。妊婦さんは普段よりも多く摂取しなければならないと言われていますが、その理由はいったい何なのでしょうか。

 

妊娠初期に葉酸を摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクが低減されます。葉酸はDNAの合成時に役立つ栄養素ですが、これが胎児の脳や脊椎の元となる神経管が作られる初期に葉酸が不足すると、DNAが正常に合成されず、神経組織が正常に形成されなくなるのです。実際に葉酸を摂取することでその発症は抑えられるという結果が出ているため、厚生労働省でも妊娠を希望または妊娠している女性に対し、一日に0.4mgの摂取を推奨しているのです。

 

また、妊婦は慢性的に貧血になりやすくなっています。これは、胎児に血液を通して栄養を送り込むために妊娠中は体内の血液量が増えるのですが、なかなか赤血球の量が追いつかず、赤血球不足に陥ってしまうためです。そこで赤血球を生産する過程で作用する葉酸が、普段よりも多く必要になるのです。

 

妊娠中の葉酸摂取量

胎児が健やかに成長していくために欠かせない葉酸ですが、妊娠発覚前からの摂取が理想とされ、早めに摂取を開始している人が増えてきているようです。葉酸はビタミンB群からなる水溶性ビタミンで、細胞分裂に不可欠となる栄養素であり、血液を作る元とされています。また、妊娠前や初期に十分に摂取することで、胎児の先天異常発症リスクを低下させる効果があると判明しており、日頃から積極的に摂取していきたい栄養素といえるでしょう。

 

※参考サイト:厚生労働省「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取にかかわる適切な情報提供の推進について」

 

そんな完璧にも思える葉酸ですが、摂りすぎることで逆効果にもなりかねません。安全性には十分注意が必要です。妊娠前から始まり、約10か月ほどの妊娠期間の中でもそれぞれ推奨される量が違ってくるので、注意が必要です。健康効果が期待できる1日の葉酸摂取量として、15歳以上の成人男女の場合は200μgが目安とされています。それが胎内で細胞分裂が活発になる妊娠初期には推奨摂取量が2倍にものぼります。毎日の食事で野菜を多く摂っていたとしても不足しがちな葉酸なので、効率よく取り入れるには安全なサプリが有効です。サプリの中には葉酸だけでなく、妊娠中に必要かつ不足しがちな鉄分やカルシウムなどの栄養素をプラスしたサプリが出ています。妊娠中は女性やその家族にとって特別な期間です。容量・用法を守りながら、健康維持に努めましょう。

 

妊娠期・授乳期における食事摂取量

 

※参考サイト:厚生労働省「http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3a3-02c.pdf」

 

葉酸を飲み始める時期は?妊娠前?妊娠後?

葉酸は、水溶性のビタミンB群で、造血のためのビタミンとも呼ばれています。葉酸には、細胞分裂を助ける、DNAの合成、赤血球の生成を助ける等の効果の他、妊娠初期であれば、お腹の赤ちゃんの神経管閉鎖障害と呼ばれる症状のリスクを減らし安全性を高めることができます。サプリを飲み始める時期として、妊娠前が良いのか妊娠後が良いのか悩みます。厚生労働省では母子手帳に葉酸を摂取するよう書かれていますが、神経管閉鎖障害のリスクを軽減したり、妊娠しやすくするには妊娠前から摂取すると良いでしょう。妊娠するには女性だけでなく男性も重要な意味を持ちます。妊娠前に摂取をすると女性であれば子宮を良い状態にし着床しやすくする働きが、男性の場合は染色体異常の精子ができるのを軽減する働きがあります。特に精子は新しく作られるまでに3か月を要するので、妊娠したい場合は、3か月前から飲み始めると良いでしょう。妊娠後に飲んだ場合であっても、葉酸はお腹の赤ちゃんの成長を促し、お母さん自身の貧血を防止することができるとされています。葉酸は、生きていくために必要なビタミンであるので、妊娠している期間だけでなく妊娠前や出産後もサプリを飲むと身体を健やかに保つことができます。

 

妊活における葉酸の働きと期待できる効果

妊娠前から初期、まだ妊娠しているかわからない時期も含まれますが、女性の体では赤ちゃんを作るための細胞分裂が活発に行われます。そのときに作られるのが、脳や脊髄、内臓です。その際、通常の約2倍近くの葉酸が消費されます。

 

そのときに十分な葉酸を摂取することで、二分脊椎などの神経管閉鎖障害が防げることが厚生労働省の調べで明らかになっています。また、精子と卵子が受精し、妊娠が成立する前も、葉酸を摂取することで、子宮内膜を厚くし、着床率の向上や受精卵保護による妊娠力の向上の効果が期待されています。 そのために、妊娠中はもちろん、妊活中から十分な葉酸の摂取が重要であると言われています。いつ妊娠するかもわかりませんし、気づいたら妊娠周期が進んでいることもあるため、妊娠を望んでいるうちから、安全な葉酸サプリの積極的な摂取をすすめておくことがよいです。

 

葉酸はビタミンB郡の一種で、食べ物では、ホウレンソウ、ブロッコリー、イチゴ、枝豆、レバーなどに多く含まれます。貧血予防や動脈硬化予防にも効果があり、妊活中でも、そうでなくても女性にとって必要な栄養素と言えます。特に、若い女性が極端な食事制限によるダイエットで葉酸不足になってしまう場合もあります。妊娠成立がはっきりしない初期こそ大事な時期です。妊活中はぜひ積極的に葉酸サプリを摂取をしましょう。

 

妊娠中の葉酸の働きと期待できる効果

葉酸は、ほうれん草やブロッコリーといった緑黄色野菜などに含まれている水溶性のビタミンです。葉酸は妊娠中に摂ることが望ましいとされており、厚生労働省も葉酸の摂取をするように推奨しています。また、妊娠が確定されると発行される母子手帳にも記載されています。

 

葉酸の働きとしては、DNAとRNAの生成、赤血球の生成を助ける、細胞分裂を促す、動脈硬化を予防するといったことがあります。妊娠中だけでなく、妊娠をしていない場合であっても摂取をすることにより、体の状態を良くすることができます。

 

妊娠中に葉酸を摂取した場合の効果としては、妊娠初期の場合、先天異常の一つである神経管閉鎖障害のリスクを減らすことができます。妊娠初期は赤ちゃんの大切な器官が多く作られている時期で、この時期に葉酸が不足してしまうとうまく細胞分裂ができなくなり、リスクも高まってしまいます。特に妊娠7週目まではしっかり摂取するようにしましょう。

 

妊娠中期、後期になると動悸や息切れの予防、口内炎をできにくくする、妊娠高血圧を予防するといった効果があります。葉酸の働きとして細胞の分裂を促すこともあるので、赤ちゃんにとっても細胞分裂を促し発育不全を防いでいきます。

 

産後の葉酸の働きと期待できる効果

妊娠初期に葉酸がとても必要な栄養素であるこということは、良く知られています。受精卵の細胞分裂が活発な妊娠初期に不足すると、脊髄と脳に影響を及ぼすという神経管閉鎖障害が発生しやすくなるのです。妊娠に気づいた事にはもう受精卵の細胞分裂は始まっているので、妊娠を希望する人は妊娠前から葉酸を意識的に摂取しておくことが大切です。無事に出産した産後も、実は葉酸は必要です。

 

それはホルモンバランスを整える効果もあり、また造血作用もある栄養素だからです。妊娠するとホルモンバランスが大きく変わり、また産後も大きく変化します。ホルモンバランスが崩れやすいうえに出産時の疲れもあり、慣れない赤ちゃんのお世話で寝不足など体調を崩しやすい時期です。どの栄養素も必要ですが、妊娠中と変わらず葉酸も必要なのです。

 

特に母乳は赤ちゃんに栄養を与えるものなので、母親がしっかり食べて栄養で満たされた母乳を作らなければなりません。葉酸は造血作用もあるので血流がよくなり母乳の出がよくなりますし、栄養豊富な母乳作りに効果があります。赤ちゃんの為、また体力が必要な母親の為にもとても重要な栄養素です。元気に育児を楽しみ、赤ちゃんの順調な成長の為にも安全な葉酸は必要です。

 

授乳中の葉酸の働きと効果

赤ちゃんを産んだ後の女性は、体調が戻るまで6週間程度かかります。産後の経過が思わしくなく鉄分不足などに悩まされている人も少なくありません。そんな時に役立つのが、安全な葉酸です。この働きによって血液を作り出して母乳の材料となるのです。葉酸は細胞分裂の際に必要ですので、これを母乳を通して授乳中にたくさん与えることで赤ちゃんは健やかに成長していきます。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの細胞分裂をより活発に促すためにも、葉酸は大変重要な栄養素なのです。母乳を豊富に作り出すために葉酸を積極的に摂取することが何よりも効果的といえます。妊娠中はもちろん、授乳中にも毎日とり続けることで、母親と赤ちゃんの両方が自律神経が整って元気な体を取り戻すことにつながるのです。授乳中の母親の場合は、最低でも280マイクログラムの葉酸が必要とされています。

 

さらに、鉄欠乏生貧血にも高い効果を発揮しています。ふらつきや目眩など深刻な症状がある場合には、葉酸をとることで改善されるケースも増えています。このように、赤ちゃんの授乳中に葉酸を意識してとることで、ホルモンバランスを整えて血液内の赤血球を作り出す効果を期待できるのです。産後の抜け毛や髪の毛のパサつきにも大いに役立ちます。


葉酸の上手な摂取方法とサプリがおすすめの理由

細胞の再生を促し貧血予防や動脈硬化予防にも効果的な葉酸は、積極的に摂取したい栄養素です。しかし食品から効率的に摂取するのはなかなか難しいこともあり、つわりで食事も儘ならない妊婦さんは特に安全なサプリから摂取するのがおすすめです。サプリなら、葉酸を無理なく摂れるのはもちろん、安全な無添加素材や他の栄養素も同時に摂取できるなど、その他のメリットが付随している利点があるからです。つわりの酷い妊婦さんでも気にならない形や大きさ、敏感になる臭いなどにもこだわり、飲みやすさを徹底しているのも、安全なサプリをオススメする理由の一つです。

葉酸サプリの飲み方

葉酸をより効率良く無駄なく体内に吸収するためには、サプリの飲み方、特に飲むタイミングが重要になってきます。例えば元々胃腸が弱い方や、胃腸の働きが悪く負担をかけたくない場合には、食後30分以内に水かぬるま湯と一緒に飲むようにします。つわりが酷い妊婦さんなども同様です。そうでない方は、食間や就寝前にサプリを摂取すれば、より効果的で吸収率が高まります。ご自分の体調や体質に応じ安全なサプリの飲み方や飲むタイミングを工夫することで、無理なく必要な葉酸を摂取することができるのです。

 

葉酸は食べ物から摂取しにくいのが欠点

葉酸とは水溶性ビタミンの一種で、人の体には欠かせない栄養素です。特に妊娠初期に必要とされており、葉酸が不足してしまうと胎児が神経管閉鎖障害になるリスクが上がることが知られています。葉酸は、ほうれん草から発見されたためその名がついたと言われています。そのため、ほうれん草には多く含まれています。その他にも、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や枝豆、納豆、いちご、モロヘイヤ、アスパラガス、レバー、海苔などの海藻にも含まれています。

 

葉酸が食事から摂取しにくい理由

しかし、葉酸は水溶性のため水に溶けだしやすく、洗ったりすると量が減ってしまいます。ですから、洗う時はできるだけ短時間で済ませることが必要になってきます。また、熱にも弱いので、加熱調理をすると成分が失われてしまいます。そのため、長時間煮込む料理には向きません。また、葉酸は光にも弱い性質があり、日の当たる場所に置いておくと3日間で70%の量が失われてしまうというデータもあります。ですから、購入したらすぐに冷蔵庫に入れ、新鮮なうちに食べきる必要があります。また、葉酸は吸収率があまり良くない成分でもあります。食べ物として摂取したうちの約50%程度しか吸収されません。そのため、葉酸は食べ物だけで必要量を摂取するのは難しいのです。

 

葉酸は食べ物で摂りたい!葉酸が多い食品は?

葉酸は女性にとても大事な栄養素であることは多くの方が認識していると思われます。妊娠中は生まれてくる赤ちゃんの先天性異常のリスクを低く抑える働きがありますし、授乳中は赤ちゃんの成長に大きく影響するので、不足しないように気を付ける必要があります。

 

どうしても食べ物から摂取したい方は

葉酸は食べ物で摂取したいと考えている方が結構いるはずです。そこで、葉酸が多い食べ物は何なのかについて見ていきます。野菜ではほうれん草やモロヘイヤ、ブロッコリー、アスパラガス、水菜、パセリ、枝豆などを挙げることができます。野菜以外の食べ物では鶏レバー、ウニ、日本茶、焼き海苔、うなぎの肝などがあります。1日の必要摂取量は400μgなので食事だけで摂るのはかなりハードルが高いと言わざるを得ません。400μgはほうれん草だと2束も食べなければいけません。したがって、ほうれん草やモロヘイヤなどを摂ることに加えて、葉酸サプリの利用をおすすめします。最近のサプリは安全に配慮されており、とてもクオリティが高いので安心して利用できるので大丈夫です。毎日400μg摂り続けることが大事なので、楽なサプリの方が堅実な選択だと言うことができます。食べ物だけで摂れるのであればいいのですが、無理をする必要はありません。

妊娠中の葉酸不足・葉酸欠乏症の症状

妊娠中の葉酸不足や、葉酸欠乏症の症状は、本人だけの問題ではなくなりますので注意が必要です。妊婦だけではなくお腹の赤ちゃんへの影響もあるので、リスクを考えると不足は避けなければなりません。

 

葉酸が足りない状態だと、悪性貧血になるリスクが高くなります。悪性貧血になりますと、鉄分が大幅に不足をしますので、鉄欠乏貧血と同じようなマイナスを感じやすくなります。立ちくらみをしたり疲労感が強くなったり、息切れや動悸を感じやすくもなりますので、日常生活にも支障をきたすことがあります。

 

葉酸の栄養というのは肉体的に大きく影響がありますが、メンタル面への影響もあります。妊婦の時というのは心に不安を感じることがありますし、思うように体の動かないストレスも感じやすいものです。葉酸が足りない妊婦さんだと、精神的に不安定になりやすいです。心を穏やかで出産を迎えたいものの、些細なことでイライラしたり、うつ症状が出てくることもあります。

 

妊婦さんにも大きな栄養がある葉酸不足は、お腹の赤ちゃんへの影響がもっと深刻です。神経管閉鎖障害となってしまいますと、障害をもつ可能性もありますので、絶対に避けないとなりません。葉酸を摂取することは、妊婦さんには非常に重要です。

葉酸の美容や健康面で期待できる効果

葉酸は、ビタミンB群の一種であり、体のあらゆる機能を正常にする効果があります。遺伝子を構成する核酸の生成や修復を促していく効果が葉酸にはあるため、細胞自体を良いものにしていくことができ、肌などをきれいにしていくことができ、美容にとても良い効果をもたらしてくれます。また、貧血を予防することにも期待できる成分であり、血液中の赤血球を増やすことが認められている成分であるため、体の隅々まで酸素を送りやすくなり、細胞の動きを活発化させていくことができます。貧血を予防することによって、肌などに様々な栄養素を届けやすい状態にしていくことができ、肌のターンオーバーを促進していくことができ、美肌を作り上げていくサポートをしてもらうことができます。

 

冷え性やコリの改善にも期待ができるため、冷え性などによって生じうるストレスなどの緩和をしていくことができ、肌に悪いものを除去していくことができます。また、髪の毛にも葉酸はよい成分であり、新しい髪の毛をはやしていくことを促してくれるため、髪質を良いものに変えていくことができ、見た目を良いものに変えていくことができます。他にも健康的に良いことをたくさんもたらしてくれる成分であるため、積極的に摂取していくことをおすすめします。

葉酸サプリはやっぱり無添加が良い!?

葉酸サプリはドラッグストアや薬局で比較的安い値段で購入できるサプリから通販などで購入する品質の高い安全なサプリまで幅広い種類があります。種類が多いのでどのようなサプリを選ぶのかが難しい側面もありますし、特にお腹の中にいる胎児への影響を考えなければならない妊婦さんにとっては無添加のサプリを選んだ方がいいのか迷っている方も多くいます。葉酸サプリは添加物が入っているサプリが粗悪品であるとは限りませんが、妊婦さんの場合は無添加の安全な葉酸サプリを飲むのが最も安全な方法です。サプリに含まれる添加物は母体や胎児に基本的に悪影響を与えることはありませんし、日本で使用される添加物は厚生労働省が指定した安全性の高い物に限られています。しかし、大量に摂取すると流産や障害を患う可能性がある添加物もあり、その代表格がショ糖脂肪酸エステルです。これは水と油のように本来であれば混ざることのない液体を混ぜ合わせるために使うもので、サプリでは品質を均一に混ざるようにする目的で使用されており、乳化剤という名称で呼ばれています。ショ糖脂肪酸エステルは摂り過ぎると染色体異常を引き起こす原因になると言われており注意が必要です。このため少しでも不安を感じる人は無添加の安全な葉酸サプリを使うことをお勧めします。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ