妊娠中 グリーンスムージー

妊娠中にも飲めるグリーンスムージー

妊娠中のつわりで食べられない方にはグリーンスムージーがおすすめ

妊婦さん

妊娠中は体調が大きく変わり、つわりや味覚の変化などで普段食べられたものが食べられなくなる人が多いですよね。でも、おなかの赤ちゃんの為には、十分な栄養補給が必要ですし食べ物は悩みの種になります。

 

妊娠初期のころは食べ物の志向に偏りが出てきますが、産婦人科の先生によっては、基本的には食べられるものを食べていれば問題ないといわれます。それでも、食事の偏りは気になるという方にこそ、グリーンスムージーはとてもオススメです。

 

固形物が食べにくいけど、液状のものであれば何とか口に入れることはできるという方も多いですし、グリーンスムージーは栄養価も高く、妊婦さんに必要な栄養素を含む材料で作れれば一石二鳥です。

 

妊婦さんにおすすめのグリーンスムージー

とはいっても、グリーンスムージーは頻繁に作るには、材料をそろえたり、そのあとの片付けが面倒であったりと、意外とお金と手間がかかるものです。今では知名度も人気も高いグリーンスムージーは粉末タイプでも品質の高いものが多く、低価格で手軽にグリーンスムージーが楽しめますので、粉末タイプを購入することをおすすめします。

 

ミネラル葉酸グリーンスムージー

ミネラル葉酸グリーンスムージー

日本でグリーンスムージーの知名度と人気が上がり、先駆け的にヒットを飛ばしたのがナチュラルヘルシースタンダードのグリーンスムージー。その同シリーズの妊婦さん向けのグリーンスムージーが「ミネラル葉酸グリーンスムージー」です。

 

妊婦さん向けに開発されたこの商品は、妊娠中に必要な栄養素が多く含まれており、栄養の方良いrが気になる妊婦さんにはとてもオススメのグリーンスムージーです。

 

※あくまで栄養補助食品ですので、栄養は日頃の食事からバランス良く摂取するように注意しましょう。

 

⇒ ミネラル葉酸スムージーの公式サイトはこちら

 

カルシウム|牛乳の約2倍

グリーンスムージー

カルシウムは体内で生成されることがないため、日頃の食事から摂取する必要があります。妊娠中にはおなかの赤ちゃんの骨や歯を形成するため、1日に150ミリグラムが胎盤を通して与えられると言われています。そのため、妊娠中には特に普段よりも多くのカルシウムの摂取が必要となります。

 

ビタミンC|みかんの2.5倍

妊娠中に摂取したいビタミンCの摂取量は110ミリグラム。コラーゲンの生成を促進し、皮膚や骨や血管などの強化や免疫力の向上に役立ちます。他にも鉄分の吸収を手助けする作用があるため、妊娠中になりやすい鉄欠乏性貧血を予防する効果も高くなります。

 

鉄分|ほうれん草の1.5倍

妊娠中はおなかの赤ちゃんに栄養素や酸素を届けるために、お母さんの血液量が増加します。しかし、血液全体の量の増加にも関わらず、赤血球の量は増加しないため、貧血になりやすくなってしますのです。

 

食物繊維|キャベツの3倍

妊娠中は便秘になりやすくなってしまう方が多いです。その原因は大きくなった子宮が丁を圧迫してしまうことや、妊娠によるストレスや精神的な不安定さによるものが大きいようです。なかなか野菜などで食物繊維を十分に摂る事が難しい時期ですので、グリーンスムージーで食物繊維が取れるメリットは非常に高いですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ